インフルエンザで今季初の学校閉鎖 君津の市立中学校

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県は8日、君津市の市立中学校(生徒数44人)で、生徒10人がインフルエンザとみられる疾患を発症したため、9~10日の2日間、学校閉鎖とすると発表した。インフルエンザによる学校閉鎖は今季初めて。

 県疾病対策課によると、同校の1~3年生の男女10人が8日、発熱やせき、のどの腫れを訴え欠席。うち4人が医療機関による迅速検査でインフルエンザの陽性反応だった。重症患者はおらず、全員自宅療養している。