東葛の千葉県立3高で 基準値超える線量

 千葉県教委は1日、流山南(流山市)と松戸南、松戸向陽(松戸市)の県立3高校の敷地隅から、国の基準値(毎時0・23マイクロシーベルト)を上回る空間放射線量を検出したため、周辺地域を立ち入り禁止にしたと発表した。生徒の学校生活に影響はないという。

 県教委学校安全保健課によると、7~8月に3校のトラック脇の雑草地や敷地隅などを測定したところ、流山南は計約700平方メートルから0・24~0・38マイクロシーベルト、松戸南は計30平方メートルから0・22~0・35マイクロシーベルト、松戸向陽は計60平方メートルから0・30~0・33マイクロシーベルトが検出された。

 3校ともグラウンドは基準値以下だった。今後、基準値を超えた地点の除草を行った上で再度測定し、除染などを検討する。


  • LINEで送る