高橋宏船橋市議、ブログ炎上し離党届 輸血めぐる書き込みで

  • LINEで送る

 船橋市の高橋宏市議(38)が、厚生労働省が指針とする輸血用血液の放射線照射を問題視する意見を自身のブログに書き込み、医療関係者を名乗る読者から批判が殺到、所属する結いの党に迷惑を掛けるとして離党届を出したことが15日、分かった。議員は続けるという。

 高橋氏が書き込みをしたのは今月7日。厚労省の「輸血療法の実施に関する指針」が副作用の予防対策として放射線照射が有効と定めていることについて「放射線照射した血液を体に入れたい方いらっしゃいますか?(笑)」「死んだ血を輸血してもまたすぐに輸血しなければならない」などと記載した。

 読者から「正確な情報を発信すべき」などと批判が相次ぎ、ブログは“炎上”。高橋氏は15日、離党届を党本部に郵送した。

 高橋氏は「輸血は効果や実施基準に疑問があるが、全否定しているわけではない。私の主張は党の見解ではなく、迷惑を掛けたくないので離党を決めた」と話した。

 厚労省は「放射線は赤血球などを壊さない線量に抑えてある」と説明。日本赤十字社は「過剰な輸血は避けるべきだが、高橋氏は『輸血は危険』という一部の研究を拡大解釈しているのではないか」と指摘している。