2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

遊びに来てお手柄 女性看護師2人 溺れた中学生を救命 鴨川・前原海水浴場

 鴨川市の海水浴場で14日、遊泳中に溺れ意識不明となった中学生が、たまたま遊びに来ていた女性看護師2人の救命措置で一命を取りとめた。鴨川署は「2人の措置がなければ命が危なかった」とし、看護師らの表彰を検討している。

 同署によると同日午前10時50分ごろ、同市前原の前原海水浴場の沖合約70メートルで、千葉市中央区の同市立中3年生の男子生徒(14)がうつぶせで浮いているのをライフセーバーの男性(21)が見つけ救助。救出当時、男子生徒は意識がない状態だったという。

 看護師2人は、浜辺で男子生徒の周辺に人だかりができたのに気付き駆け付け、自主的に心臓マッサージなどを開始。3回ほどの蘇生措置で男子生徒は水を吐き出し、意識を取り戻したという。男子生徒は危険な状態は脱したが、市内の病院で治療中。

 看護師は年齢が40代と20代で、それぞれ家族らと遊びに来ており、面識はないという。署によると「(看護師)2人がいたのは奇跡。いなければ命は危なかった」とし、ライフセーバーとともに表彰を検討している。

 男子生徒は家族で帰省し、親類家族と海水浴中だったとみられる。同海岸はサーフィンのメッカとして知られているが事故当時、波は特に高くなかったという。

<あわせて読みたい>
・「鉄人28号」万引容疑で逮捕 千葉市の50歳アルバイト
・酒気帯び運転で懲戒免職 千葉県水道局65歳職員
・地域住民集う空間に コミュニティーハウスが開店 船橋の石井食品
・池で溺れ6歳男児死亡 松戸市のクリーンセンター内
・イオン朝日と駅前へ移転 新設せず民間施設利用へ 木更津市仮庁舎
・多彩な音楽ジャンル堪能 幕張・サマソニに13.5万人
・千経大付高野球部で暴力 後輩に頭突き、謹慎処分


  • LINEで送る