松戸市内の高校でO157に集団感染

 千葉県は7日、松戸市内の私立高校で、1年生の女子生徒3人が腸管出血性大腸菌(O157)に感染したと発表した。重症者はなく、全員快方に向かっている。

 県疾病対策課によると、先月27日、腹痛や下痢などを訴えた同校1年の女子生徒(16)=都内在住=がO157に感染していると、医療機関から松戸保健所に連絡があった。保健所が調べたところ、同じクラスに同様の症状を訴えた女子生徒が他に5人おり、このうち2人からO157が検出された。感染経路は分かっていない。

【関連/その他】
ポイントにカメ、運転見合わせ JR外房線
【’14高校野球千葉大会】連載企画まとめ
目指せ!甲子園 出場校のプロフィール
運営受託、応募ゼロ 人気低迷の船橋オート 【千葉県政INSIDE】
新路線バス「ちばにう」運行 採算は?定着するか住民の足


  • LINEで送る