2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

千葉市で還付金詐欺200万円被害 千葉西署

 千葉西署は21日、千葉市花見川区在住の無職女性(75)が区役所職員を名乗る女らから現金200万円をだまし取られたと発表した。同署は還付金詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性は20日午前10時40分ごろ、区役所保険課職員を名乗る女から「健康保険の還付金があります。後ほど銀行から連絡があります」などと電話を受けた。そのすぐ後、銀行員を名乗る女から「駅のATMで電話をかけてください。手続きを教えます」などと電話を受け、同11時40分ごろ、JR新検見川駅近くの銀行で現金200万円を振り込んだ。

 同署管内では今年に入って振り込め詐欺被害が44件に上っており、不審な電話を受けた際にはすぐに警察に相談するよう呼び掛けている。


  • LINEで送る