成田線、安全確認で遅れ JR千葉支社

  • LINEで送る

 10日午前5時25分ごろ、印西市本埜小林、JR成田線小林-安食駅間の佐倉街道踏切で、乗用車が縁石に乗り上げた。近くを走行していた成田発上野行き上り電車(10両編成)の乗務員が安全を確認し、運転を継続。我孫子方面へ向かう一部の電車に遅れが生じた。

 JR千葉支社によると、JR常磐快速線を含む上下7本が最大22分遅れ、乗客約2300人に影響した。