女性のズボンに尿 容疑の成田市職員逮捕

  • LINEで送る

 歩行中の女性のズボンに尿をかけたとして、成田署は20日、器物損壊の疑いで、成田市多良貝、成田市建築住宅課副技監の男(59)を現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は19日午後11時35分ごろ、JR成田駅西口階段で、歩行中の市内在住の会社員女性(25)の後ろから尿をかけ、ズボンを汚した疑い。

 同署によると、犯行に気付いた女性が同僚女性2人とともに追跡し、現場近くの駅コンコースで取り押さえた。男は「職場で降格処分を受け、うっぷんがたまっていた」などと供述している。

 成田市の小泉一成市長は「今後、事実関係を確認し、厳正に対処するとともに、自らの行動が公務の信用に影響を与えることをあらためて認識するよう強く指導していく」とコメントした。