「アートメーク」 無資格で施術 千葉県警、容疑の女を逮捕

  • 0
  • LINEで送る

千葉県警が押収した「アートメーク」用の器具=28日午後、千葉中央署

 千葉県警生活経済課と千葉中央署は28日、医師免許がないのに針で皮膚の表面に墨などを注入する施術「アートメーク」を行ったとして、医師法違反(無資格医業)の疑いで船橋市西習志野4、美容会社経営の女(54)を逮捕した。

 同課は、押収したカルテなどから、女は2005年8月~今年2月、約135人に約490回の施術を行い、約1200万円を売り上げていたとみて捜査。女は「施術はしたが、違反とは知らなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は12年2月~今年2月、自宅や千葉市内の美容サロンで、医師免許がないのに、38~85歳の県内の女性に対して、針を取り付けた器具を使い眉毛の周辺に色素を入れる医療行為を行った疑い。

 今年2月、女性(40)から県警に「女の施術を受けたが、腫れて痛みがある」と相談があり捜査。4月に女の自宅などを捜索していた。女は「教室でアートメークを学んだ」などとしており、同サロンの紹介などで客を集めていたらしい。同課は詳しい実態を調べる。