風営法違反の疑いで経営者逮捕 市原署

  • LINEで送る

 市原署は19日、風営法違反(無届け営業)の疑いで市原市東五所、韓国籍で派遣型風俗店「アイドル特急」経営の女(54)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月16日午後8時ごろ、千葉県公安委員会への届け出をせず、長柄町のホテルに従業員女性を派遣し、男性客に性的サービスを提供した疑い。

 同署によると、4月中旬ごろ、同店をめぐる匿名の通報が千葉県警にあり、詳しい経営実態を調べていた。女は「知人から『日本人が届け出をしているから大丈夫』と聞いていた」などと供述している。