乗客千人が50分缶詰め JR京葉線でブレーキ不具合

  • 0
  • LINEで送る

 30日午前6時35分ごろ、船橋市西船4のJR京葉線西船橋駅を発車した府中本町発東京行き上り電車(8両編成)のブレーキが突然作動し、同駅から約450メートルの線路上で停止した。JR千葉支社は詳しい原因を調べている。

 同支社によると、運転士が車両点検をしたところ、ブレーキが緩んだため同駅に引き返し約千人の乗客を降ろしたが、それまでの約50分間乗客は缶詰め状態となった。けがや体調不良を訴える乗客はいなかった。

 同線と武蔵野線の上下計63本が運休、計30本が最大1時間7分遅れ、乗客約4万5千人に影響した。