「千葉を犯罪なっしーに」 新人警官募集大使にふなっしー 県警

  • 2
  • LINEで送る

県警の新人警察官募集応援大使に任命されたふなっしー(右)=24日午前、県警本部

 千葉県警は24日、新人警察官募集の応援大使に船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」を任命した。「すばらしい警察官を採用して、千葉を犯罪なっしーにお願いするなっしー」と張り切ったふなっしー。世代交代期を迎えて優秀な人材確保が急務の県警にとって、頼もしい助っ人の誕生だ。

 地元を愛し、東日本大震災の被災地支援などをボランティアで続けるふなっしーの活動が、県民の安全安心のため働く警察官の理念と共通すると、県警が協力を依頼した。

 同日、県警本部であった委嘱式で、伊藤泰充警務部長は「地元愛と情熱にあふれる多くの人に警察官を志望してほしい。ふなっしーの応援パワーで、県警をさらに元気にして」とお願い。ふなっしーに委嘱状と「特別リクルーター」の肩書きが入った名刺を手渡した。

 大使のたすきをかけ、警察官の制帽をかぶったふなっしー。「非公認ながら重責をいただいた」と神妙に話した後、〝同僚〟となる県警のリクルーターたちに「警察官は一生をささげるにふさわしい仕事。頑張ってほしいなっしー」とエールを送った。