個人情報入りUSB紛失 小学校教頭、許可得ず校外へ 千葉市教委

 千葉市教育委員会は11日、同市若葉区の市立小学校に勤務していた男性の教頭(51)が、歴代職員名簿などの個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。教頭は市の規定で禁止されている個人所有のUSBにデータをコピー、校長の許可も得ず校外に持ち出していた。

 市教委によると、教頭は3月19日午後5時すぎ、自宅で仕事をするためにUSBを学校から持ち出し、自宅に戻り紛失に気付いた。途中で寄った市教委周辺で紛失したとみられる。

 USBには歴代職員名簿(延べ322人分)、職員の緊急連絡網(32人分)、児童のけがなどの事故報告書(19件分)などが保存されており、名前や住所、電話番号が入った情報もあった。USBはパスワードによるロックや暗号化がされていなかった。関係者には電話や文書で報告。現在のところ、悪用された形跡はないという。

 市教委は紛失から約1カ月後に公表したことについて、担当部署間の連携がスムーズにいかなかったと説明。磯野和美学校教育部長は会見で「事案を重く受け止め、職員の指導を徹底する。(教頭の)処分について検討する」と謝罪した。


  • LINEで送る