振り込め被害1200万円 千葉市の女性

 千葉南署は9日、千葉市緑区の無職女性(74)が現金計1200万円をだまし取られる振り込め詐欺事件があったと発表した。

 同署によると、女性方に8日午前に4回、会社員の長男(44)や長男の上司をかたる男らから「病院でかばんをなくし、通帳を止めた」「仕事で600万円必要」などとうその電話があった。女性は同日午後0時半ごろ、指定されたJR蘇我駅近くで、上司の息子をかたる男に現金600万円を手渡した。

 女性は長男をかたる男の携帯に電話をかけ、現金を手渡したことを伝えたところ「もう少し出せないか」と言われ、同日午後3時半ごろJR佐倉駅構内で同じ男に現金600万円を手渡した。女性は長男に直接確認して被害に気付いた。

 現金を受け取りに来た男は30歳ぐらいの黒色短髪で、白色マスクを着用。身長165センチの痩せ形でグレーのコート姿だった。


  • LINEで送る