少年を中等少年院送致 習志野高殺人未遂

  • 0
  • LINEで送る

 習志野市立習志野高校の教室で同級生(17)を刺して重傷を負わせ、逃走時にタクシーを強奪した事件で、千葉家裁(原啓裁判長)は3日、殺人未遂と強盗の非行内容で送致された同校2年の男子生徒(17)について、中等少年院送致の保護処分を決定した。

 原裁判長は決定理由について「本件は重大で社会的影響が大きいが、少年に改善の可能性が認められる」と指摘。非行の態様や男子生徒の性格を考慮した上で「相当の時間をかけた集団教育が必要」として比較的長期の処遇を勧告した。