冷却スプレー ガスに引火 銚子で2人けが

 14日午前11時55分ごろ、銚子市川口町2の銚子ポートタワー駐車場の乗用車内で、冷却スプレーのガスにライターの火が引火、小規模な爆発があり、乗っていた東京都西東京市在住、自称専門学校講師の男性(40)と女性(27)の2人が顔や手などに軽いやけどを負い病院に運ばれた。銚子署は事故原因を調べている。

 同署などによると、男性が車内を冷やそうとして窓を閉めてスポーツ用冷却スプレーを噴射。その後、男性がたばこを吸うためライターの火を着けたところ、気化したスプレーのガスに引火し「ボン」と小さく爆発したという。男性らは自力で車外に脱出した。


  • LINEで送る