空港反対派農家が控訴 農地明け渡し訴訟

  • LINEで送る

 成田空港の誘導路用地などで空港反対派農家の市東孝雄さん(63)が耕作する畑や敷地内の建物をめぐり、成田国際空港会社(NAA)が明け渡しを求めた訴訟で、市東さん側は8日、実在しない鶏舎を除く全ての建物の撤去と農地の明け渡しを命じた千葉地裁の判決を不服として控訴した。

 判決で多見谷寿郎裁判長は「NAAには空港整備を目的とした事業計画があり、約1億8千万円の補償金を提示している」などとしてNAA側の主張を認めたが、判決確定前に強制執行が可能となる仮執行宣言は付かなかった。