4月は67件、1億6千万円 「オレオレ」大半が手渡し

  • 0
  • LINEで送る

 県警が4月に認知した振り込め詐欺の被害件数は67件、被害額は約1億6千万円だったことが26日までに、県警のまとめで分かった。うち親族を装ったオレオレ詐欺が43件あり、金の受け渡し方法は大半が自宅などでの手渡しで、現金自動預払機(ATM)からの振り込みはなかった。

 県警によると、4月の振り込め詐欺は前年同月に比べて件数で9件減ったが、被害額は約3800万円の増加。1~4月の累計は件数が205件(前年同期比55件減)、被害額が約4億8800万円(同1900万円増)。