船橋、鋼材の下敷き男性死亡 船橋東署

  • 0
  • LINEで送る

 20日午前8時35分ごろ、船橋市神保町の鋼材販売加工会社「阪和エコスチール」(本社・白井市)の資材置き場で、鋼材をクレーンで移動していた下請け会社従業員、吉岡直樹さん(43)=千葉市花見川区花見川9=が鋼材の下敷きになって死亡した。船橋東署は事故原因を詳しく調べている。

 同署によると、鋼材は1本の長さ約5メートル、幅約1・5メートル、重さ約1・5トン。男性はリモコンでクレーンを操作し、積み上げてあった鋼材を降ろす作業中だったが、近くに寄った際、突如鋼材が崩れてきたという。