男性従業員が転落、死亡 市原のごみ処理場

  • LINEで送る

 市原市は30日、同市福増のごみ処理場「福増クリーンセンター」(桐生和典所長)第2工場で、可燃ごみ収集委託業者=市内=の男性従業員(56)がごみをためるピットに転落し、死亡したと発表した。

 同市によると、男性は同日午前11時45分ごろ、ごみ収集車の後部扉からピット(深さ16メートル)にごみを投入する作業中、行方が分からなくなった。約2時間後、レスキュー隊が男性を発見し、病院に搬送したが死亡が確認された。死因は窒息死。

 男性は収集車の運転手と2人で作業。助手として車を投入口まで誘導していた。転落時、ごみは約8メートルの高さまでたまっていたという。男性は転落防止の安全ベルトを着けていたが、フックで固定はしていなかった。

 同センターは詳しい原因を調査している。同センターでは過去にも転落事故が3件あったが、死亡事故は初めて。桐生所長は「ベルトの着用と固定をあらためて徹底していきたい」と話している。