太陽光で初の電車運行へ JR東日本パネル設置

  • 0
  • LINEで送る

 JR東日本は5日、車両の保守、修繕などをする同社京葉車両センター(千葉市美浜区)に太陽光発電所を来年3月末までに設置し、鉄道の運行に利用すると発表した。JR東日本によると、ソーラーで電車を走らせるのは国内初の取り組み。

 京葉車両センターの空き地などに太陽光パネル6600平方メートルを設置。1日に約270世帯の消費分に相当する約2700キロワット時を発電。約半分を同センターの事務所などで活用、残りを電車の運行に使う。