一時保管施設を視察 我孫子市長ら灰搬入後初

  • LINEで送る

汚染焼却灰の一時保管施設を視察し、空間放射線量を測定する特別委メンバーら=9日、手賀沼終末処理場
汚染焼却灰の一時保管施設を視察し、空間放射線量を測定する特別委メンバーら=9日、手賀沼終末処理場

 国の基準を超える放射性セシウムを含む焼却灰の保管問題で、我孫子市の星野順一郎市長と市議会放射能対策特別委員会のメンバーらが9日、汚染焼却灰が一時保管されている手賀沼終末処理場(我孫子、印西両市)を視察した。市長らによる視察は灰の搬入後初めて。特別委が県に視察受け入れを要請していた。

 特別委のメンバーらは空間放射線量を計測しながら、県の担当者に灰の汚染濃度や浸水した際の危険性などを質問。施設周囲の雨水対策の向上などを求めた。星野市長も放射線量のきめ細かな公表と、関係各市・団体が一堂に会する調整会議の開催を要望した。