任務は「離島奪還」 第1空挺団、公開降下で初訓練 船橋・陸自習志野演習場

  • LINEで送る

 日本で唯一の落下傘部隊を持つ陸上自衛隊第1空挺(くうてい)団(船橋市)が、習志野演習場(同市など)で毎年1月に一般公開する降下訓練を、敵が侵入した離島を奪還する想定で初めて実施することが6日、空挺団幹部への取材で分かった。

 幹部によると、演習場を島に見立て偵察部隊数人が海岸に降りた後、後続部隊約40人が空自や海自の援護を受けて降下する想定。海上への落下に備えて、救命胴衣を着けた上に小銃などの武器を装備するため、通常の降下より難度が上がる。

 中国船の領海侵入などで緊張感が増す沖縄県・尖閣諸島などの有事に、最精鋭部隊として実戦的に備える狙いがある。

 公開訓練は今月13日に実施予定。従来は、戦闘中の敵の背後に降下する想定だった。