松戸、民家の1室焼け遺体見つかる 松戸署

  • LINEで送る

 3日午前8時50分ごろ、松戸市栄町2の106の民家から出火、木造2階建て住宅のうち2階の1室20平方メートルを焼いた。焼け跡から男性の遺体が見つかった。この家に住む兄弟のうち兄(44)の行方が分かっておらず、松戸署は遺体の身元確認を急ぐとともに原因を調べている。