房総通リズム春の観光特集2024

線路内に軽乗用車転落 75歳女性、踏み間違えか JR成田線、一時運転見合わせ 車の2人にけがなし 乗客約2千人に影響

JR東日本
JR東日本

 26日午前10時10分ごろ、我孫子市のJR成田線我孫子―東我孫子間の線路に無職の女性(75)=柏市=が運転する軽乗用車が転落し、同線は我孫子―湖北間で一時運転を見合わせた。我孫子署によると、女性は線路近くにある駐車場に車を止めようとし、アクセルとブレーキを踏み間違え、フェンスを突き破ったとみられる。

 女性と助手席の成人男性にけがはなかった。女性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているという。近隣住民から「車が駐車場からフェンスを突き破り線路に転落した」と110番通報があり発覚した。

 JR千葉支社によると、車の撤去作業が完了し、午後0時52分に同線は全線で運転を再開した。上下10本が運休し、上下2本が最大1時間16分遅れ、乗客約2千人に影響した。


  • LINEで送る