房総通リズム春の観光特集2024

バキュームカーとブロック塀に挟まれ…作業中の男性死亡 習志野

※写真はイメージ
※写真はイメージ

 7日午前9時10分ごろ、習志野市実籾5の市道で、し尿のくみ取り作業をしていた公益社団法人船橋市清美公社職員、工藤俊彦さん(68)が、動き出したバキュームカーと住宅のブロック塀に挟まれた。工藤さんは全身を打っており、現場で死亡が確認された。

 習志野署によると、工藤さんは男性作業員と2人でくみ取り作業の準備をしていて、坂道を後退しだしたバキュームカーと塀に挟まれた。同署は詳しい状況を調べている。


  • LINEで送る