【速報】千葉県北西部に大雪警報 高速通行止め 降雪10センチ予想、路面凍結や電線への着雪で交通に影響も…注意呼びかけ

雪が積もる中、傘を差して駅に向かう人たち=5日午後5時45分ごろ、千葉市中央区
雪が積もる中、傘を差して駅に向かう人たち=5日午後5時45分ごろ、千葉市中央区
駐車場の車は雪で真っ白に=午後4時半すぎ、市川市
駐車場の車は雪で真っ白に=午後4時半すぎ、市川市

 銚子地方気象台は5日午後、千葉県北西部に大雪警報を発令した。低気圧と寒気の影響で、県内は6日明け方にかけて、北西部を中心に大雪となる恐れがあり、同気象台は路面凍結による交通への影響、電線や樹木などへの着雪に注意を呼びかけている。

 同気象台によると、6日午後6時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で北西部10センチ、北東部と南部で2センチと予想されている。ビニールハウスなどの農業施設は倒壊の恐れがあり、注意が必要という。

 東日本高速道路は5日、大雪の予報を受け、首都圏の高速道路で予防的通行止めを実施した。県内では5日午後3時時点で、東京外環自動車道の松戸インターチェンジ(IC)-三郷南IC内回り、市川北IC内回り入り口を通行止めとした。常磐自動車道の三郷ジャンクション(JC)-桜土浦ICの上下線も通行止めとなった。

 JR千葉支社によると、久留里線は6日午前6時発の上総亀山-木更津行き上り列車の上総亀山-久留里間の運転を取りやめる。同列車は午前6時18分、久留里駅始発となる。

 JR東日本は県内全線でも積雪した場合、着雪による倒木などの影響で列車の遅れや運休が発生する恐れがあるとして、今後の気象情報や運行情報に注意するよう呼びかけている。


  • LINEで送る