京葉線や新幹線の輸送障害「おわび」 JR東日本社長

  • 0
  • LINEで送る

 JR東日本の冨田哲郎社長は12日の定例会見で、11月から今月にかけて京葉線や上越新幹線で車両故障や停電による大規模な輸送障害が相次いだことについて「ご迷惑をお掛けしたことをおわびし、再発防止に努めたい」と謝罪した。

 冨田社長によると、京葉線の下り普通列車が11月28日、船橋市の二俣新町-南船橋で4時間近く止まった車両故障は、車両に二つあるヒューズが両方とも溶けて断線し、電流が流れなくなったためだった。