不信に拍車、解決望む声も 県の建築確認申請に関係市 焼却灰保管問題

 高濃度の放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管施設建設に向け県が建築確認申請の手続きに入ったことで、建設予定地の手賀沼終末処理場がまたがる印西、我孫子両市は不信感をさらに強めている。一方、焼却灰の保管が限界を迎えている周辺自治体からは円満解決を望む声も上がった。

 同処理場での一時保管に反対してきた我孫子市の星野順一郎市長は「県からの連絡はない。事実ならとんでもないこと」と憤慨。同市議会の川村義雄議長も「白紙撤回決議や県への質問状などが無視され、県のペースで進んでいる」と語気を強めた。

 印西市の板倉正直市長は「あくまで県の判断。市としては安心安全の確保と保管場所を恒久化しないことを強く求めていく」とコメント。同市議会の金丸和史議長も、開会中の定例議会に一時保管場所設置に反対する請願が提出されている状況を踏まえ「住民が納得したか分からない中で手続きを進める県のやり方には不信感を持つ」と話した。


  • LINEで送る