【独自】「おむつにするよ」「早くやれ」 老人ホーム職員、入所者に暴言  袖ケ浦市が虐待認定 介護現場に何が… 【ちば特(千葉日報特報部)】

「袖ケ浦瑞穂特別養護老人ホーム」のホームページ(一部)
「袖ケ浦瑞穂特別養護老人ホーム」のホームページ(一部)

 千葉県袖ケ浦市野里の「袖ケ浦瑞穂特別養護老人ホーム」で、介護職員が入所者を虐待しているとの情報が双方向型調査企画「ちば特(千葉日報特報部)」に寄せられた。通報を受け調査した同市は入所者に対し「おむつにするよ」といった発言を暴言による心理的虐待と認定し、施設に改善計画提出を求めている。高齢化により需要が高まる一方、厳しい労働環境や人手不足が指摘される介護現場。何が起きていたのか。(「ちば特」取材班)

 同市高齢者支援課によると、昨年11月1日に職員による虐待を指摘する通報が同課にあった。同課は11月18日、虐待防止法に基づき、虐待を受けたとされる80代女性2人と90代女性1人に加え、施設の入所者を担当する職員に聞き取り調査をした。

 虐待をした職員や被害を受けた入所者の特定には至らなかったものの ・・・

【残り 692文字】



  • LINEで送る

千葉県