赤鬼の釜ゆでぜひ味わって 御宿「伊勢えび祭り」

  • LINEで送る

直売時に新設する体験コーナーで取り扱う「ゆでた伊勢エビ」と吉清会長
直売時に新設する体験コーナーで取り扱う「ゆでた伊勢エビ」と吉清会長

 伊勢エビの水揚げが盛んな御宿町で、恒例の「おんじゅく伊勢えび祭り」が始まった。10月末まで。期間中は町内協賛店23店が鬼殻焼きや刺身などの伊勢エビ料理を提供。土・日曜、祝日には月の沙漠記念館前広場でビッグイベントや直売を開く。

 今年で13回目。高級食材を生かし観光客を誘致するのが狙いで町と町観光協会が主催する。同町の伊勢エビの水揚げ量は昨年、10トンあった。今年はこれを上回る勢いの好漁で、石田義広町長は「祭りをバネに秋、冬とお客を呼び込みたい」と意気込む。

 9月9日と10月7日の午前9時~午後2時は同広場で、集客に弾みをつけるため最大1トン、5千匹分の伊勢エビを市価より割安で販売する「ビッグイベント」を開く。