憧れのパティシエ体験 子ども60人、西田さん指導も

  • LINEで送る

子どもたちにチョコチップクッキー作りを教える吉永さん(左)=千葉市緑区の土気あすみが丘プラザ
子どもたちにチョコチップクッキー作りを教える吉永さん(左)=千葉市緑区の土気あすみが丘プラザ

 子どもたちにお菓子作りを楽しんでもらおうと、千葉市緑区の土気あすみが丘プラザで体験イベント「パティシエになろう!!おかしのまち」が開かれている。子どもたちはクッキーやクレープ作りなどを体験。本物のパティシエによる指導もあり、最終日の8日には、お菓子の“お店作り”も体験する。

 イベントは、子どもたちを対象としたお菓子作り教室を市内3カ所で行うサークルが「子どもゆめ基金」の助成を受けて実施した。パティシエは、県内漫画家の原作によるアニメ作品の影響などにより近年、子どもたちの間で人気の職業となっている。今回は60人の定員を大幅に上回る約120人が応募した。

 2学年ごとに3組20人に分かれて、クレープ、マカロンなど、年齢に合わせた本格的なお菓子作りを体験。3年生以上はテレビチャンピオン準優勝の実力を持つパティシエ、西田喜孝さんによる指導も受ける。店作りも学び、作ったお菓子を自分たちで楽しむ「おかしのまち」への“出店”も体験する。