高校生ら「かっこ舞」 日吉神社で奉納 館山

  • LINEで送る

神余地区に伝わるかっこ舞=20日、館山市神余
神余地区に伝わるかっこ舞=20日、館山市神余

 館山市神余の日吉神社で19、20の両日、地区祭礼が行われ、市無形民俗文化財のかっこ舞が披露された。19日は日吉神社境内で踊りが奉納され、20日は集会場など地区を巡回した。

 神余のかっこ舞は獅子頭を着けた3人が太鼓(かっこ)を打ちながら踊り、花笠をかぶってささらを鳴らす女子4人が加わる。

 雨乞いと五穀豊穣(ほうじょう)を祈る伝統行事で、江戸時代から続くが幾度となく中断。1974年から高校生の「あすなろ会」が継承している。