保護者へ引き渡し訓練 首都直下地震想定、市川百合台小・幼稚園

自治会単位で児童や保護者らを校庭に集め、人数の確認などをする教員や自治会の防災関係者ら=10日、市川市曽谷6の市立百合台小
自治会単位で児童や保護者らを校庭に集め、人数の確認などをする教員や自治会の防災関係者ら=10日、市川市曽谷6の市立百合台小

 首都直下地震を想定し、児童や園児を安全に保護者のもとへ引き渡す訓練が10日、市川市立百合台小学校(益子行夫校長、児童504人)と隣接する市立百合台幼稚園との合同で行われた。保護者のほか、自治会の防災担当者や地元の県立市川昴高生約50人が参加し、地域ぐるみで防災意識を高めた。

 引き渡しは、子どもの安全確保のため、同校では震度5弱以上の地震で実施することを定めている。

 訓練は、地震発生後に学校が保護者に引き渡しの実施をメールで通知。その間、担任が児童を校庭に避難させ、迎えに来た人が保護者または代理人であることを確認しながら引き渡した。その後、プラカードを持った高校生の誘導で各自治会ごとに20~150人のグループに分かれて集団下校した。

 同校によると、訓練は比較的スムーズに進み、引き渡しは開始から約20分で完了。ただ、実際の地震では交通機関の乱れなどにより全員の引き渡しにはかなりの時間がかかるとみている。


  • LINEで送る