世界の風景描く 千葉市中央区で四宮さん個展

  • LINEで送る

自身の作品を解説する四宮さん(右)=千葉市中央区の画廊ジュライ
自身の作品を解説する四宮さん(右)=千葉市中央区の画廊ジュライ

 成田市の元教員、四宮達雄さん(77)が世界中で描いた風景画などを並べた個展が、きぼーる(千葉市中央区)内の画廊ジュライで開かれ、絵画愛好家らが訪れている。

 四宮さんは成田市立吾妻小学校の校長を最後に定年退職し、その後スケッチブックを持って世界27カ国を延べ75回にわたって巡り、水彩画でスケッチ。気に入った場面は、帰国後に油絵として描いている。

 同展は3日まで、午前11時~午後6時(最終日は午後5時まで)。問い合わせは同画廊、電話043(224)4984。