ラグビーの楽しさ体験 バーバリアンズが子ども教室

  • LINEで送る

楽しくラグビーを学ぶ児童たち=23日、中央区のフクダ電子スクエア
楽しくラグビーを学ぶ児童たち=23日、中央区のフクダ電子スクエア

 千葉市内を拠点に活動するラグビークラブ、NPO法人「千葉バーバリアンズ」(石橋真樹理事長)が23日、中央区のフクダ電子スクエアで小学生を対象にしたラグビー教室「全力キッズアカデミー」を行った。講師に元日本代表の石川安彦さんを迎え、児童ら約40人がラグビーの楽しさを体験した。

 教室はウオーミングアップからスタートし、徐々にラグビーならではのトレーニングを取り入れていく。ボールを回しながらの鬼ごっこには、付き添ってきた保護者も飛び入り参加。初めは何をしているのか分からない子どもたちも、やっている間にルールを覚え、コツをつかんでいく。

 子どもでも安全にできるタグラグビーは、腰につけた布のタグを奪うとタックル成立。4年生以上と3年生以下に分かれて、いろいろなゲームを行い、タグの取り方を覚えた。最後は子ども対大人で、タグの奪い合い合戦を実施。本気で勝ちにいくはずだった大人チームが、よもやの敗戦を喫し、苦笑いで教室を終えた。

 30日には幼児から小学2年生までを対象にした教室を実施する。