本八幡で「街コン」 30日に初開催、400人規模 「地域住民との交流も」 活性化期待する実行委

市川市のJR本八幡駅周辺の商店街を舞台に今月初めて開催される「街コン」の参加者募集チラシ
市川市のJR本八幡駅周辺の商店街を舞台に今月初めて開催される「街コン」の参加者募集チラシ

 地元商店街の活性化を兼ねた男女の交流イベント「市期一会in本八幡」が30日、市川市の本八幡地域の商店街を舞台に初めて開催される。全国各地に広がっている街中で行う大規模な合コン「街コン」をヒントに、地元商店会や市川商工会議所青年部が中心となって企画したもので、当日は飲食店約15店舗を貸し切り、最大400人の参加者が街を飲み歩く。同実行委員会は「男女の出会いだけでなく、地元の店や地域住民との交流を深めてもらい、地域活性化につなげたい」と期待している。

 本八幡周辺はJR、京成、都営新宿線の3駅が集中する市内屈指の繁華街。ただ、最近は若者を中心に地元の飲食店で飲食する機会が減っているといい、同実行委員会メンバーの南雲誠さんは「一昔前と比べると、商店街が寂しくなった」と話す。

 「市期一会」はJR本八幡駅南口から約500メートル圏内にあるサンロード、南八幡、南八幡5丁目の三つの商店会を会場に、ワインバー、居酒屋、スペイン料理などバラエティーに富んだ約15店舗をよりすぐった。

 イベント開催中の午後1時半~同5時半まで、すべての店舗が貸し切りとなるため、参加者同士で気軽に声を掛け合い、気の合う人と一緒に飲み歩くこともできる。各店舗では、ハマグリに似たビノス貝や枝豆など地元食材を使った特別メニューやドリンク類が食べ放題、飲み放題。なるべく多くの店を回ってもらうため、1店舗当たりの滞在時間は最大1時間と制限を設ける。

 普段から地元の店を利用してもらおうと、当日配るリストバンドは後日クーポン券として使えたり、申し込み後に発行されるIDの提示で1週間前から各店舗で割引が受けられるなどの仕掛けも用意した。

 定員は20歳以上の男女各200人の計400人。参加費は男性5900円、女性3900円で、「女性枠」のみ若干残っており、24日まで「市期一会」ホームページで応募を受け付けている。


  • LINEで送る