船橋市、福祉施設用地へ 財務省が国有地売却決定

国から船橋市へ売却される方針が決まった、国家公務員船橋体育センター跡地。複数の福祉施設が整備される計画だ=船橋市行田2
国から船橋市へ売却される方針が決まった、国家公務員船橋体育センター跡地。複数の福祉施設が整備される計画だ=船橋市行田2

 財務省は、船橋市行田2の「国家公務員船橋体育センター跡地」(約3万3千平方メートル)を船橋市に時価売却する方針を決定した。同市は来年度購入し、認可保育所など民間社会福祉施設や多目的広場の用地とする。供用開始は2015年度以降。

 同省関東財務局千葉財務事務所と船橋市政策企画課によると、国家公務員の福利厚生施設だった同センターは09年3月に閉鎖。昨年9~11月に取得要望を受け付けたところ、同市が手を挙げた。売却額は国が今後評価を行う。

 グラウンドは、災害時に緊急消防援助隊などの活動拠点として活用できる多目的広場とし、市の防災備蓄倉庫も設置する。


  • LINEで送る