東葛地域の魅力再発見を 来月10日「まち歩きツアー」 松戸~鎌ケ谷など3コース

 東葛地域の魅力を再発見する企画「東葛まち歩きツアー」(県民の日東葛飾地域実行委員会主催)が6月10日に開かれる。三つのコースが用意され、それぞれ観光ボランティアガイドの案内付きで散策できる(ただし申し込み先着順で各市ごとに定員数が異なる)。参加費は無料だが、電車で移動する際の交通費や施設入館料などは実費負担となる。

 コース(1)は「松戸~鎌ケ谷」。松戸市にある徳川家ゆかりの邸宅「戸定邸」や鎌ケ谷市の鎌ケ谷大仏などを巡る。

 コース(2)は「流山~我孫子」。

 コース(3)は「柏~野田」で、柏市のさわやかちば県民プラザや県立柏の葉公園の日本庭園・バラ園などを見学。

 定員は各コース先着300人。ガイド付きの定員は松戸、流山、我孫子の各市で100人、鎌ケ谷市30人(すでに締め切り)、野田市300人。柏市はガイド受け付けなし。申し込み締め切りは31日まで。雨天決行。当日は午前9~10時に受け付けを済ませスタートする。申し込み問い合わせは県東葛飾地域振興事務所、電話047(361)2111。


  • LINEで送る