来秋開業に延期 ヨーカ堂「フル展開」で設計変更 「市原東SC」

 市原市の五井駅前で「セブン&アイ・ホールディングス」(本社・東京都)が開発を進める大型ショッピングセンター「(仮称)市原東SC」の開業が、当初予定の来春から来秋に延びることが22日、分かった。スーパー部門が「食品のみ」から物販も含むフルライン展開となり、設計変更に時間を要したため。

 同日開かれた同市議会の「都市交流拠点の整備に関する調査特別委員会」(泉水慶吉委員長)に、同社の開発担当者が出席して明らかにした。

 当初は11年度着工、12年度開店を予定していた。延期の理由は、核となるヨーカ堂の店舗展開の変更。


  • LINEで送る