昨年比8・1%減の31万4104人 悪天候で屋外施設に影響 千葉市主要施設GW利用状況

  • LINEで送る

フクダ電子アリーナには多くのジェフサポーターが詰めかけた=6日、千葉市中央区
フクダ電子アリーナには多くのジェフサポーターが詰めかけた=6日、千葉市中央区

 千葉市はゴールデンウイーク期間中(4月28日~6日の9日間)の12主要施設の利用状況をまとめた。昨年同時期(10日間)と比べると、東日本大震災のため一部休館となった施設で利用者が回復したものの、悪天候の影響で利用者総数は8・1%減の31万4104人となった。1日当たりの平均は2・2%増の3万4900人だった。

 市集客観光課によると、昨年のゴールデンウイーク期間中の利用者総数は34万1630人で、今年は2万7526人の減となった。1日平均では昨年同時期(3万4163人)比で737人増えた。

 雨や強風の影響で動物公園や泉自然公園、昭和の森の屋外施設で前年同時期比1548~1万855人の利用者減となった。千葉ポートタワーでも臨時閉館となった日があったため、9777人減少した。ほかにも、市美術館やQVCマリンフィールドで利用者減が目立った。