高知で2世誕生に期待! 市川市動植物園から旅立つ カピバラの「グー」“婿入り”

高知県の動物園へ移動するため、ゲージに入れられたカピバラの「グー」=7日、市川市大町の市動植物園
高知県の動物園へ移動するため、ゲージに入れられたカピバラの「グー」=7日、市川市大町の市動植物園

 市川市動植物園で飼育されていたオスのカピバラ「グー」(1歳5カ月)が7日、繁殖のため、高知県立のいち動物公園へ旅立った。同日は休園日で、グーは職員らによって早朝に搬出され、羽田空港から午前中の空の便で運ばれた。

 グーを送り出した同園職員は「ちょっと不安そうな表情だったが、捕獲もスムーズで特に混乱もなく園を出ました」と安堵(あんど)した様子で話した。同園ではグー以外に、昨年8月に誕生した4頭を含むグーの親兄弟8頭を飼育しており、引き続きカピバラを見られる。

 園によると、グーは同園で飼育しているオスのペエー(5歳)とメスのロゼ(4歳)の子ども。2010年11月28日に同園で生まれ、兄弟と比べて活発な性格。


  • LINEで送る