コロナでジビエ品薄 大多喜道の駅、担い手不足に拍車

 政府がシカやイノシシによる農作物被害対策の一環で推進する野生鳥獣肉(ジビエ)の利用について、新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始めている。ジビエ利用に力を入れる県内の一部地域では、元々の課題である担い手不足に拍車が掛かって入荷が不安定となり品薄状態が続く。一方 ・・・

【残り 1178文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る