メッセでアニメの祭典 ACE初開催、多彩な催し 千葉市内舞台「俺妹」続編決定も

  • LINEで送る

多くの人でにぎわったアニメコンテンツエキスポ=31日、千葉市美浜区の幕張メッセ
多くの人でにぎわったアニメコンテンツエキスポ=31日、千葉市美浜区の幕張メッセ

 千葉市美浜区の幕張メッセで31日、1日の2日間、アニメの祭典「アニメコンテンツエキスポ(ACE)」が初めて開催された。約5万人が事前入場券を購入。参加者はトークショーや展示など多彩な催しを楽しんだ。ステージでは、千葉市が舞台のアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の続編製作が決定したと発表された。

 会場では、鴨川市を舞台にした「輪廻のラグランジェ」や言論弾圧に対抗して図書館が武装化する世界を描いた「図書館戦争」など多数の人気作品を展示。松戸市のグッドスマイルカンパニーによるフィギュア展示、今月末に幕張メッセで大型イベントを行う動画共有サイト「ニコニコ動画」による生放送も行われた。

 続編決定が発表された「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、中央区に住む兄妹を描いた小説原作のアニメ。サブカルチャー趣味に対する偏見に悩まされる妹を、表面上は嫌いながらも全力で守る兄の姿が描かれている。1期ではJR千葉駅周辺の風景や千葉都市モノレールが頻繁に登場しており、ゆかりの地を訪れるファンの増加に期待がかかる。同モノレールの大沢雅章社長は市の記者会見で「続編があると聞いている。(連携は)やっていきたい」とした。