2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

3連休スタートの県内観光地 新型コロナ「第3波」で慎重に対応

来年の干支のウシと触れ合えるコーナーは多くの人出でにぎわった=21日、成田市の成田ゆめ牧場
来年の干支のウシと触れ合えるコーナーは多くの人出でにぎわった=21日、成田市の成田ゆめ牧場
感染予防のため園内のあちこちに手指消毒スポットが設けられた=21日、成田市の成田ゆめ牧場
感染予防のため園内のあちこちに手指消毒スポットが設けられた=21日、成田市の成田ゆめ牧場
パターゴルフを楽しむ親子=21日、館山市の館山ファミリーパーク
パターゴルフを楽しむ親子=21日、館山市の館山ファミリーパーク

 新型コロナウイルス感染の流行が「第3波」を迎える中、3連休がスタートした21日。秋晴れの行楽日和となったものの、県内観光地は感染予防対策を徹底しながら慎重に客を迎えた。経済活動の推進と感染拡大への不安のはざまに立つ現場の最前線では、戸惑いの声も根強い。観光客や買い物客も、余暇を楽しみながらも密を避けるなど気を引き締めた。

■成田ゆめ牧場

 成田市名木の「成田ゆめ牧場」は家族連れやカップルでにぎわい、動物との触れ合いを楽しんだ。

 先週末の人出が好調だったため3連休も来場者増を予想。感染防止対策としてチケット販売前の検温のほか、手指消毒、マスク着用を求め、人気の乳搾りイベントも整理券を配布して密にならないよう配慮した。

 担当者は「屋外施設だから気が緩んでしまいがちだが、安心して行楽を楽しんでもらえるよう一層予防対策に気を配っている」と説明。感染拡大で「我慢の3連休」を求める意見の一方、外出やレジャーを自粛するかは自己判断となっている現状には「観光施設としては予防を徹底するほかない」と戸惑いも見せる。

 ちょうど誕生日を迎えた長男(3)と来場した船橋市の主婦(33)は「不安はあるがここは屋外。しっかり手洗いして予防しながら楽しみたい」と話した。

■館山ファミリーパーク

 館山市の館山ファミリーパークには市内外から多くの家族連れが来園。ほかの来園客と一定の距離を保ちながら、釣りやパターゴルフを楽しんでいた。

 「Go To イート」事業の対象を原則4人以下の飲食に限定するとの県の表明を受け、同園では施設内のレストランの利用方法を再検討。5人以上で来店した場合は、家族をのぞき原則席を分けて利用するよう呼び掛けるという。

 12月下旬にはポピーが鮮やかに咲き始める同園。担当者は「多くの人に来てほしい思いがあるが、感染拡大への心配もある」と複雑な心境を吐露。それでも、「感染予防対策をしっかりしていただいた上で楽しんでもらえれば」と話した。

■千葉駅前

 千葉市中央区のJR千葉駅前では、多くの買い物客らがマスク姿で通りを行き交った。

 買い物に訪れた千葉市中央区の女性(28)は「心配はあるが、GoToキャンペーンをやめなくてよいと思う。自分でしっかり対策をして、周りの人もやっていると信じるしかない」と冷静に話した。

 同市若葉区からバスで同駅を訪れた女性(85)は「孫から外に出ないでと言われるが、出歩かないと足腰が弱る。『密に気を付けてどこかに行こう』と友人と話して出てきた」とマスク姿で説明した。

 私用で市内を訪れた銚子市の男性(60)は「感染者が段々増えているので外出も少しためらう。不安だが、マスクや三密を避ける行動を続けるしかない」と気を引き締めた。忘年会は自粛するという。


  • LINEで送る