2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

列車の「祭りずし」好評 小湊鉄道・五井駅で販売 市原

小湊鉄道五井駅ホームで、列車をデザインした房総太巻き祭りずしが販売された=市原市
小湊鉄道五井駅ホームで、列車をデザインした房総太巻き祭りずしが販売された=市原市
小湊鉄道の列車をイメージした房総太巻き祭りすし(皿の上から2段目)
小湊鉄道の列車をイメージした房総太巻き祭りすし(皿の上から2段目)

 小湊鉄道の列車をイメージした房総太巻き祭りずしが17日、市原市の同鉄道五井駅ホームで販売され、用意した30パックが完売した。

 同鉄道をテーマにふるさとの名物になる商品を開発する市の事業の一環で、市内の料理教室代表で管理栄養士の上田悦子さんが考案した。カレー風味の酢飯やかまぼこ、野沢菜などで同鉄道の車両を表現している。

 販売ブースでは列車柄が人気で瞬く間に売り切れ、余りの好評ぶりに上田さんらも驚いていた。千葉市緑区の税理士、山野廣さん(72)は「2パック購入した。自宅で昼に食べる」とうれしそうに話した。

 今月25日、31日も午前9時から同駅で販売、11月にも予定している。1パック500円(税込み)。

 太巻き祭りずしは、冠婚葬祭の席で出される本県の郷土料理。販売に先立ち市役所で完成品が披露され、上田さんは「郷土料理を知らない世代が増えており、若い人に伝えることが重要」、同鉄道の石川晋平社長も「旅には食がつきもので期待している」と、それぞれ話した。


  • LINEで送る