海岸でマナー守って 看板設置し注意喚起 館山市

遊泳の自粛などを呼び掛ける看板を設置する作業員=20日、館山市の新井海岸
遊泳の自粛などを呼び掛ける看板を設置する作業員=20日、館山市の新井海岸

 館山市は20日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため海水浴場の開設が中止となった海岸に、遊泳の自粛などを呼び掛ける看板を設置した。

 看板は、すでに閉鎖されている沖ノ島を除く市内の海水浴場開設予定だった3カ所に設置。遊泳の自粛やバーベキューの禁止など海岸利用のマナー7項目について、ピクトグラム(絵文字)を使って注意喚起している。

 懸念されている水難事故防止に向け、市は23日から各海岸に警察OBの監視監を巡回させる。例年多くの海水浴客が訪れる土日やお盆期間(8月11~14日)には、北条海岸を中心にライフセーバーによるパトロールを実施する方針。

 隣接する南房総市も、各海岸に同様の啓発看板を設置した。


  • LINEで送る