2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

木更津ホテル三日月再開 感染防止策徹底 客にも協力要請【ちば再始動】

体温測定のためサーモグラフィーを設置した富士見亭の玄関ロビー=19日、木更津市の龍宮城スパホテル三日月
体温測定のためサーモグラフィーを設置した富士見亭の玄関ロビー=19日、木更津市の龍宮城スパホテル三日月
レストランでは使用するテーブルを半分にし、消毒を徹底
レストランでは使用するテーブルを半分にし、消毒を徹底

 都道府県境を越える移動の制限が解除された19日、新型コロナウイルス緊急事態宣言発令後から全館休業していた木更津市の龍宮城スパホテル三日月が営業を再開した。開業に向け、スタッフはもちろん来館者にもマスク着用や消毒の徹底に協力を求めるなど感染防止策を徹底。同ホテルの藤縄光弘取締役総支配人は「お客さまの安全・安心を担保するには私たちだけでなく、お客さまの協力が不可欠。ウィズコロナの時代を一緒に闘い抜きたい」と営業再開に意気込んだ。

 同ホテルには富士見亭と龍宮亭の2棟のホテル棟があるが、3月中旬から富士見亭のみで営業。4月の緊急事態宣言後から全館休業していた。

 藤縄総支配人によると、1月末に中国・武漢市から帰国し、経過観察を希望した191人を、同ホテルグループの「勝浦ホテル三日月」(勝浦市)で受け入れた際、感染予防策を鴨川市の亀田総合病院が指導。この経験を踏まえ、同病院の監修の下で、同ホテルの防疫体制「ホテル三日月ガイドライン」を作成した。

 同ガイドラインに基づき、龍宮城の全スタッフは講習を受け、厚生労働省が推奨する濃度70%台のアルコールを全室および館内各所に配備。スタッフはマスクとフェースシールドを着用し、この消毒液で絶えず館内を消毒する。さらに、2棟のホテルとスパの全3棟の玄関にサーモグラフィーを設置し、体温も確認するなど対策を徹底した。

 同日訪れた旭市の会社役員、伊藤文男さん(59)は安全対策に理解を示しつつ「ずっと旅行を我慢していたので楽しみにしていた。きょうからオープンと知って驚いた」と話した。


  • LINEで送る