2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

「幕張新駅」23年開業 JR東、5月下旬着工

「幕張新駅」の設置予定地=千葉市美浜区浜田2
「幕張新駅」の設置予定地=千葉市美浜区浜田2

 JR京葉線の海浜幕張-新習志野間に設置される「幕張新駅」(千葉市美浜区)で、JR東日本千葉支社は15日、開業予定を2023年と発表した。従来は24年度に新駅完成予定だったが、設計が進むなどにつれて開業時期が前倒しになった。今月下旬から準備工事に着手する。

 同支社によると、新駅は線路配置の関係から上り線のホームを高架とし、下り線のホームを地上に設置。海側の駅舎は鉄骨造り1階建てとなる。今月下旬から予定地の仮囲いなどの準備工事を始め、夏ごろに本格工事に着手。23年の開業を目指す。

 新駅は、駅用地前で大規模商業施設を展開するイオンモール、千葉市、県で構成する協議会(代表・熊谷俊人市長)が18年4月にJR東と基本協定を締結して設置が決定。費用負担割合はイオンモールが2分の1、千葉市、県、JR東が各6分の1。概算事業費は126億円程度とされている。同年から基本設計が始まり、市によると、現在行っている詳細設計も今夏までには終わる見込みという。


  • LINEで送る