新型コロナウイルス情報

青空の下で特別授業 長生中、分散登校に笑顔も

青空の下で特別授業を行った分散登校=長生中学校
青空の下で特別授業を行った分散登校=長生中学校

 長生村立長生中学校(佐藤洋光校長、生徒数339人)で、分散登校が行われた。「密」を避けるため、各クラスとも出席番号順に三つの時間帯に分けて登校。グラウンドや駐車場に机といすを置き、教師が自作した課題を配布。授業に関わる動画を紹介し、個別に健康状態の確認や悩み事相談を実施した。

 学校再開はゴールデンウイーク明けに予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の延長で、休校が月末まで延びたための措置。出席率は99%。久しぶりの登校に笑顔を見せ、担任教師や友人との会話も弾んだ。生徒からは「早く学校生活を送りたい」と一日も早い再開を望む声が多く聞かれた。


  • LINEで送る